人気の記事

メアリと魔女の花

見てきました!
感想は5点満点で3点です
起承転結のストーリーでした
難しい話は一切なくて分かりやすい作品だったので
小学生低学年には向いていると思います
日常生活にファンタジーを混ぜてるので導入部分や説明が多くなり
退屈でした
中盤〜後半はメアリーの感情に上手く乗れれば引っ張られて楽しめると
思います
次回作に期待です
posted by まーくん at 19:03| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

蜜蜂と遠雷 読了

感想
少しネタバレしています。

なんだか中途半端な終わり方でした
続編が出そうな終わり方。
物語の導入部分は凄く良くて、とても引きつけられました。
内容はコンクールという限定的な場面だったにもかかわらず、飽きさせない作りでした。
そして主人公は栄伝亜夜と高島明石だと思う。
あとはこの二人を引き立てる脇役の位置。
二人以外は掘り下げた内容がないのでとりあえずのキャラクターの印象を受けました。
風間塵が主人公だと思っていたのですが登場するシーンは少なく
栄伝亜夜のかませとしか思えないくらいでした。
途中までは良かったのですが2次選考の終わりぐらいから、変化のない内容になっていき
最後は尻すぼみしていました。
栄伝亜夜の本選の所は書くべきだったと思います。
風間塵と栄伝亜夜が成し遂げたかった事についてどうなったのか?

音楽を文字で表現するにはやはり無理があったと思いました。
表現の羅列に飽きてしまい流し読みしていました。
僕はダンスをやっているので、共感できる部分もあり色々考えさせられる作品でした。
ラベル:直木賞
posted by まーくん at 22:24| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする