人気の記事

2014年04月30日

今日の晩御飯ー!



椎茸としめじの煮付け
めかぶ
納豆
すき焼き(豆腐、うどん、卵、牛肉、チンゲン菜、ゴボウ)
お茶
トマトジュース
デザート(ヨーグルトとハミツ)

頂きますー!
posted by まーくん at 20:09| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

村上海賊の娘 読了!!

2014年の本屋大賞になった村上海賊の娘を読み終えました
大坂石山本願寺に兵糧入れを行う前後の話です
上巻は導入部分で色々な登場キャラクターとその説明が入り
少し退屈な部分が出てきますが、主人公の景姫の男勝りの
破天荒な性格と行動に、ほのぼのさと笑いを誘われます
下巻はメインの木津川口の戦いのシーン
村上海賊の娘のすべてがここに集約されています
すべてはここに来るまでの複線のようなものでした
戦闘は二組の海賊同士が海上で死力を尽くして戦います
登場するキャラクターの性格が細かく書かれていて
そのキャラクターの立ち位置もちゃんと描かれているので
どのキャラクターに対しても自然に感情移入できますね
そのキャラクターがなぜそう言ったのか
なぜそういう行動に出たのかなど
補足説明もあるのでどのキャラクターにも厚みがあります
都合よく大円満で終わらないと思っていたので
好きなキャラクターは死んで欲しくないと言う思いで読んでいました
そして心打たれたのは人の生き様の信念です
それぞれが自分の信念の元に決意し行動し
死んだり、生き抜いた・・・
甘い考えと半端な信念では生き残るのが出来なかった時代だから
だったかもしれません
死と隣り合わせの時代に生き抜くのは
大変だったのだと思います

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦
でタイムスリップをしてきたしんのすけが現代の日本を説明して
春日家の当主が「私たちがしている戦は何のためなのだ」と言い
春日廉姫が「平和なのだな」といいました
春日家の当主は虚しさに打ちひしがれていました

確かに今を思うと何のための戦なのだろうと思います
戦いなんて無意味
でも
そんな簡単な事ではないんですね
色々事情があって思いが強いからぶつかり合う
思いが強い分だけ派手になる

僕も強い信念を持って生きていたいです
甘さを捨てた強い信念・・・・・

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ






ラベル:和田竜 本屋大賞
posted by まーくん at 18:34| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。