人気の記事

2016年05月04日

星の王子さま―オリジナル版 読了

「また、同じ夢を見ていた」に出てきたので読んでみた。
子供と大人の考え方の対比をしている本だと思って読んでみたけど
人を好きになる事の本質を再認識した
人を好きになるということは、(友情も含め)その人の本質を好きになる事なんだと。
だから肩書で好きになるんじゃなくて、いいところ悪いところ子供っぽいところ
全ての根幹部分を好きになる事が大切なんだろう。
言動や見た目に惑わされずに、その人のありのままの本質を好きになる事が
大切なんだと再認識した。
posted by まーくん at 20:04| Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする